花のある暮らし & RAPT理論

うっとりするほど美しい芍薬

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」

今の若いかたは知らないかもしれません。

美しい人を表したことわざです。

立っていても、座っていても、
そして歩いていても
その姿は美しい、、
容姿や立ち振舞いの姿が美しくありたいです。

芍薬、牡丹、百合の花
3つの花が順番に咲いていきます。

散りはじめています。
毎年芍薬を眺めることが楽しみですがそろそろおわりですね。

芍薬は、江戸時代からは「茶花」として親しまれてきました。
改良されて数多くの品種が作られています。
初夏の切り花としても人気ですね。
芍薬のブーケは華やかに豪華に上品になります。

花の色は桃色、紫紅色や白など
花の形は一重咲き、八重咲き、翁咲きなどの種類があります。
芍薬と牡丹(ボタン)を掛け合わせたハイブリッドシャクヤクも登場しましたね。
新しい黄色やアプリコット色なんかも流通しています。

家の庭に植えたいなあ。

別名 ピオニー
ボタン科 ボタン属
原産地 アジア北東部

DSC_2423
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。